お歳暮のお返しマナー

お歳暮をもらった時に、お返しは必要でしょうか?

答えはノーです。

お歳暮は、お祝いとは違い、日ごろお世話になっている人への感謝の気持ちとして贈るものなので、お返しは必要ありません。 もともとお歳暮というのは、お正月にご先祖様の霊を迎えるためのお供え物を、嫁いだ人や分家の人が、本家に持ち寄るものでした。 それが、日ごろお世話になっている人へ感謝の気持ちを伝えるための贈り物へと変わり、今では目上の方にだけではなく、友人などにも贈るようになってきています。

 

ですから、お歳暮にお返しは不要なのですがお礼は必ずしましょう。 お歳暮が無事に届いたこと、贈り物の感想などを伝えます。

最近は電話やメールで済ますことも多いかと思いますが、きちんとハガキで礼状をだすと、尚良しです。

 

親しい間柄なら電話などでも良いでしょうが、そうでないなら礼状にするのが無難です。

お礼状をだすのは、お歳暮が届いてからなるべく早く、できれば3日以内にだすようにしましょう。 お歳暮の時期は、年賀状の時期でもありますが、年賀状にお歳暮のお礼をかくのは失礼にあたるのでやめましょう。

 

お歳暮お礼状の書き方

お礼状に書く内容ですが
まずはお歳暮が無事に届いたこと、そして商品の感想は書きましょう。

相手に感謝の気持ちを伝える文面は入れるようにしてくださいね。 あらたまったお礼状であれば「拝啓」「敬具」といった頭語・結語を入れると良いです。

その場合には、必ず時候の挨拶が必要 ですので、「寒気厳しき折柄」「寒さもひとしお身にしみる頃」などといった言葉から書き始めましょう。ちなみに、時候の挨 拶を簡略かする場合には「時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。」で済ますこともできます。

 

夫に届いた贈り物の礼状を、妻が書くこともあると思います。その場合、差出人(夫)の名前の左下に「内」と書き添えるのが マナーです。

夫の言葉で、妻が書く場合には「内」ではなく「代」と書きましょう。

 

また、男性から届いた場合、奥様がお歳暮の手配をされることも多いでしょうから、お礼状には「奥様にもよろしくお伝えください」と書き添えると良いですね。

 

基本的に、お歳暮にお返しは必要ありませんが、友人や同僚などであれば、お返しをしても良いですね。 その場合にはお歳暮としてではなく、時期的にも「お年賀」として贈ると良いです。

 

ちなみに、お返しをする場合にも、お礼状は別途だすのがマナーです。正しいマナーを知っていれば、お歳暮やお中元といった年中行事も、人間関係を円滑にしてくれる大事な習慣となるでしょう。

おすすめのお歳暮人気通販