清川屋のほわいとぱりろーる【TV・雑誌取材多数!逸品ロールケーキ】

テレビ番組や雑誌でも多数取り上げられた大人気のスイーツ

2018年新登場 クリスマス限定ほわいとぱりろーるルージュ

今年のお歳暮にスイーツを贈ってみませんか? 口の中でしゅわっととろけるクリームを、しっとりもちっとしたスポンジで包んだ、その名も「ほわいとぱりろーる」。

 

 

ロールケーキとあなどるなかれ

これは、ただのロールケーキだとあなどってはいけません。 ロールケーキを、一度にたくさん召し上がる方は非常に珍しいと思います。

 

なぜなら、とても甘くて、脂肪分がずっしりと おなかにたまり、少し食べただけで胸焼けする人もいるぐらいですから。一切れで十分。それが、ロールケーキの常識でした。

 

ところがこの「ほわいとぱりろーる」、そんな常識を根底から覆してしまいました。

普通、ロールケーキのクリームはとても濃厚ですが、「ほわいとぱりろーる」のクリームは、しっかりと甘いのに、どこかさわやかで、後味がすっきりします。

 

スポンジも、パサパサでもベタベタでもない、もっちりとした不思議な食感で、おいしいクリームを包み込んでお口の中で おいしさが広がります。食べた人の大半は、「こんなロールケーキは食べたことがない!」「もっと食べたい!」という感想をもつこと間違いなし。

 

とても食べやすいスイーツなので、男性の方にもおすすめです。 普通は一切れで十分だと思えるロールケーキが、これなら一本丸ごとでも食べたくなるぐらいなので、ご家族ならあっという間になくなりますよ。

 

このおいしさの秘密は、まずは、卵黄・バターが不使用というところにある

一体どうやってあの味を作るのか、それはもちろん企業秘密

卵黄・バターを使わないことで、胸焼けしない、あのさわやかなおいしさを作り出しているように思います。

 

また、スポンジの絶妙な食感は、気泡の形が教えてくれるそう。「ほわいとぱりろーる」は一本一本がパティシエの方々の手作りですが、このスポンジ作りにはかなり苦労されたようです。

 

でも、気泡の形にヒントがあることに気づき、そこからは、その気泡を「天使の足跡」と呼び、おいしいスポンジ作りの目安になっているのです。

 

「ほわいとぱりろーる」は、実は「清川屋」というお店でしか買えません。「清川屋」とは、山形のおいしい特産品を扱っ ているお店で、山形・宮城にお店を構えておられます。 そして、ネット通販もされているので、全国どこからでも注文が可能です。お歳暮の時期ですから、何を贈るかお悩みの方も多いと思います。

 

「ほわいとぱりろーる」なら、どなたにでもきっと喜んでもらえるでしょう。